2010年06月16日

口蹄疫 菅首相が宮崎入り 畜産農家で消毒作業視察(毎日新聞)

 菅直人首相は12日、宮崎県で口蹄疫(こうていえき)の被害が拡大していることを受け、就任後初めて同県入りし、宮崎市内の畜産農家で消毒作業を視察した。首相はこの後、県庁で東国原英夫知事や関係市町長と意見交換し、政府として対策に万全を期す考えを伝える。

【特集】写真や最新記事でみる口蹄疫 

 首相は就任後初の地方訪問先として宮崎県を選び、政府の対応をアピールする考え。県側は▽防疫対策、感染ルート解明などへの支援強化▽ワクチンを接種した畜産農家への全額国費負担▽地域産業復興への支援−−などを要望する。

 視察したのは、約22万頭の子牛を生んだ種牛「安平」の育て親、永野正純・宮崎郡市和牛育種改良組合長の農場。安平は先月殺処分された。

 口蹄疫の感染は、終息したえびの市を除く4市5町に拡大しており、感染または疑いでワクチン接種を受けた家畜約27万頭が殺処分の対象になっている。

 宮崎市、都城市などでは市内の図書館、博物館、公民館など公共施設を12日から一斉に休館にするなど、感染の拡大は市民生活にも影響を及ぼし始めている。【石田宗久、青木純】

【関連ニュース】
【写真で見る】感染拡大が深刻化する口蹄疫
口蹄疫:コブクロの小渕さん、今井美樹さんらと宮崎応援歌
口蹄疫:宮崎市の豚、日向の牛が陽性…宮崎の運動公園閉鎖
口蹄疫:日本最大級の畜産エリアに飛び火 宮崎県都城市
口蹄疫:自民政調会長、参院選延期を要請

<1億円>「倉庫にあった」男性、車と勘違い 神戸(毎日新聞)
<カボチャ>宇宙へ行ったはずの種不明 山崎飛行士と帰還?(毎日新聞)
「チャグチャグ馬コ」華やか装束の馬が行進(読売新聞)
はやぶさ 「挑む姿を教えてくれた」…豪州で最期見守る(毎日新聞)
蓮舫・行政刷新相 鍛えた直言 田原総一朗さんも太鼓判(毎日新聞)
posted by オオサカ ケイイチ at 15:19| Comment(27) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。